簡単に出来る検査

看護師

検便検査は食品を扱う業界などで菌を持っていないか調べるためにチェックする方法として非常に人気があります。検便検査は通常2回行うのが特徴で便が出にくい場合は便秘を解消してきちんとした検査が出来るようにする事が大事です。

もっと読む

食生活に気を付ける

医者

大腸がんは他のがんに比べて、早期に発見できれば5年生存率も高く、比較的予後の良いがんです。近年食生活の欧米化に伴い大腸がんの発生は増えているため、動物性脂肪などを減らし、食物繊維を多くとるようにすれば、大腸がんの予防に役立ちます。

もっと読む

子供に薬を飲ませる方法

カウンセリング

子供などに薬を服用する際に苦労する人は多く、薬嫌いなことが多い子供に薬を飲ませるのは至難の技です。薬自体の持っている効果はとてもありがたいものですが、薬に病気や症状を改善する効果を付属させる際には必ず苦味や飲みにくさなどの問題がつきものです。薬によっては改良を施すことで飲みやすく苦味などがないようにすることができますが、全ての薬がそのように改良できるわけではありません。そのため子供に薬を服用する際には、なるべく子供が進んで飲んでくれるように味や飲みやすさなどを改良する必要があります。子供にとって飲みにくい場合は薬を飲みやすい状態に変化させ、苦味などがある場合は飲みやすいように味がわからないように工夫するなどちょっとした細工を施すようにしましょう。

子供に薬を飲ます際には水などを利用して飲みやすくするのが一般的です。薬をコップなどに入れてから水で溶かし少しずつ分けて与えることで薬が苦手な子供でも薬を服用することができます。少量に分けて飲ませることで薬の効果をきちんと発揮することができますが、薬は水に溶かすとコーティングが落ちて苦味などが出るようになることもあるのでなるべく早めに薬を飲ませられるようにしましょう。最も効果的なのは子供の好きな食べ物に混ぜる方法であり、子供の好物に薬を混ぜることで進んで薬を摂取してくれるようにすることができます。プリンやアイスといった味の濃いデザートなどに混ぜることで薬の味をごまかし、苦味や飲みにくさを感じることなく薬を飲ませることができます。ジュースなどは薬によって効果が失われてしまったり、効果が変化してしまう可能性があるので薬と一緒には利用しない方が良いでしょう。

耳が聞こえにくい時は

聴診器

聴神経の周りにできる良性の腫瘍を聴神経腫瘍と言います。それ自体はただの出来物ですが、聴神経を圧迫することによって音が聞こえづらくなります。また、手術による切除は他の神経を痛めてしまう可能性があるので、腫瘍が小さいうちは放射線治療がおすすめです。

もっと読む