耳が聞こえにくい時は|自力ダイエットに無いアプローチが魅力的な肥満外来

耳が聞こえにくい時は

聴診器

聴神経腫瘍は、聴神経の周りの細胞に出来る良性の腫瘍です。それ自体はただのできものですが、聴神経を圧迫することで聴覚に異常がでてきます。初期においては自覚症状がありませんが、電話の際に左右の耳によって声の聞こえやすさが違ってくることで聴神経腫瘍に気づくケースが多いです。聴神経腫瘍は聴覚障害だけでなく、顔面のしびれやめまいの発作を繰り返す場合があります。聴覚障害は老化現象の1つでもあり、めまいを発症するのはさまざまな要因があります。なので、問診だけでは聴神経腫瘍だと診断されにくい部分もあります。原因がはっきりしないめまいや顔面のしびれがあるようなら、MRIで脳内の画像検査をしてもらうのも有効です。

聴神経腫瘍は脳内に出来ているので、取り除くとなると脳内の神経を傷つけてしまう恐れもあります。ですので、聴神経腫瘍が小さいうちは手術による切除を控えます。日常生活に支障がでるほどになったら、手術を選択します。聴神経腫瘍が3cm以内なら放射線治療が行えます。放射線治療は聴神経腫瘍を完全に除去する方法ではありませんが、腫瘍を大きくさせないことができます。体への負担も小さく、短期間の入院ですみます。放射線治療ではガンマナイフやサイバーナイフなどの方法が主流です。聴神経腫瘍が3cmを超える場合は、手術による切除を選択します。他の神経を傷つけないギリギリまで腫瘍を切除することができます。ただリスクも高い手術なので、技術の確かな病院を選ぶことが大切です。